• HOME >
  • GPS車載器のメリット

専用開発だからこそ実現できた、この性能と機能

GPSのみに特化BCL-100の強みは何といっても専用開発であること。GPS機能がついた携帯電話やスマートフォン(アイフォンやアンドロイド携帯)を車載器端末として検討されるケースがありますが、比べるほど専用器であることの様々なメリットが見えてきます。

位置情報の精度が高い
位置確認や動態追跡で最も重要なのが情報の精度。電波状況によって左右されることなく、常にベストな状態を保つことです。BCL-100では、安定したNTTドコモのFOMA網を使用するとともに、高感度アンテナの搭載により抜群の精度を実現しています。
車内の振動や温度差、直射日光など過酷な状況に強い
毎日長時間運行する車両への搭載を想定して設計・開発。安心してご利用いただけます。そういった使用を前提としていない携帯電話などに比べ、炎天下や激しい振動など、過酷な車内でも抜群の信頼性を誇ります。
面倒な操作不要!取り扱いで迷う心配はありません
BCL-100はドライバーの操作が一切不要。操作ミスにより位置情報が発信できないといったトラブルがなく、常に正確なデータを利用できます。発車ごとにアプケーションを立ち上げるなど、ストレスの要因となる面倒な操作を徹底的に省きました。
車両のエンジンOFFをシステムで把握可能です
BCL-100は、車両のエンジンOFF状態を検知することが可能。位置情報が受信できないとき、電波状況や機器の故障によるものか、車両のエンジンをOFFにしているのか、迅速な対応のために適切な判断ができます。

■GPS専用器とスマートフォン・GPS携帯電話の比較

  GPS専用機 スマートフォンやGPS携帯電話
初期費用 △専用アンテナなどすべて含んで、59,000円。リース契約も可能。 ○機器やキャリアによって費用が増減。
0円~6万円程度。
月額費用 ◎月額2,800円~利用可能な低価格。
△機器やキャリアによって費用が増減。GPS専用機に比べて月額費用が高くなる傾向。
位置情報精度 ◎専用アンテナのため、位置情報の精度は抜群。またGPSアンテナ方式の採用で、車内の最も感度のよい位置に設置が可能。通信間隔も30秒間隔から選択できる。 △内蔵のGPSアンテナでは位置情報の精度は劣る。また、通信間隔も1分に1回が限界となる。
機器信頼性 ◎車内の過酷な環境に耐えうる専用設計。 ×振動や熱、直射日光など、過酷な環境となりやすい車内での運用には不向き。
ドライバー(運転手)の操作 ◎一度設置してしまえば、あとの操作は不要。どなたでも簡単に利用できる。 ×乗車の都度、端末を操作する必要があり、ドライバーには操作が難しいと感じたり、操作を忘れてしまうなどの問題が発生するおそれも。
電波受信エリア ◎専用の外付けFOMA受信アンテナによって、電波の状況の悪い地域でも受信感度が向上。
×山間部など電波の弱い地域ではパケット通信できないケースが発生。
エンジンOFFの通知 ◎シガーソケットの給電状態を監視して、エンジンOFFの情報を通知。車両の動態管理に活用できる。 ×エンジンOFFの検出不可。そのため、どこで車両が停止したかの判断がシステム上で認識できない。

NEXT価格と導入の流れ

お見積りや導入のご相談など、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォームTEL 052-232-2311VISH株式会社 VISH株式会社 受付時間 9:30~19:30(月-金)